院内・事業所内保育

テノ.サポート

D社様(バス・タクシー会社)

導入の経緯

核家族化が進んだ現代、乳幼児を抱える働く女性の多くが直面する問題が子どもの世話。
そこで、企業内保育施設受託事業で実績豊富なテノ.サポートとパートナーを組み、女性スタッフが働きやすい環境作りに取り組みました。

導入後の感想

「預けた当初は子どもが、別れ際に泣いて大変でしたが、いまでは先生にもすっかりなつき、安心して仕事に行けます。
ここはトイレや洗面台も子どもサイズ。おもちゃなども充実していますし、死角に入らないように作ってあるので保育環境は最高。
1日の様子を細かく書面で伝えてくれるので安心です。

N社様(バス会社)

導入の経緯

観光バス乗務員ら、コストと時間をかけて育てた人材が子育てのために退職するケースが多く、観光のトップシーズンには深刻なガイドさん不足に陥り、頭を痛めました。
ガイドさん集めに奔走したところ、「子供を預かってもらえる場所さえあれば勤務できるのに…」という切実な声を数多く聞きました。そこで2005年6月に、安定した人材確保のために設置する事になりました。

導入後の感想

保育園は、1日単位で預ることも可能にし、正社員だけでなく嘱託職員やフリーのバスガイドさん等、業務に関わる全ての方が利用できるようにしました。結果は復職者が増え、有効に利用されています。
また観光の仕事に関わる運転手さんや事務職さんも多く利用しているので、待機児童がいるほど保育園は大盛況です。

M病院様(国立大学法人医学部付属病院)

導入の経緯

女性医師や看護師が働きやすい職場環境を整備することを目的として、平成19年4月に開園しました。国立大学時代にも設置の強い要望はありましたが、運営費捻出が困難であるため保留されてきました。
平成16年4月に国立大学が法人化され、厚生労働省の補助事業の対象となったことから、認可外保育園の可能性が高まり、事業所内保育園の設置が実現しました。

導入後の感想

曜日を定めた24時間保育・一時預かり保育・病後児保育も行っており、事業所内保育園として特に病院職員が利用しやすい保育内容となっています。採用された看護師がすぐに子供を預け勤務することができるようにもなりました。
確かに運営費は掛かりますが、女性医師・看護師等の確保、職員の福利厚生施設という面からも、事業所内保育所を設置してよかったと思います。

O病院様(国立大学法人医学部付属病院)

導入の経緯

職員の退職理由として、「育児のため」との理由があったことから、保育所設置について、職員にアンケートをおこなったところ、保育所設置により働き続けられる職場を求める要求が強く、それを受けて「人材確保のための院内保育施設の開設プロジェクト」を立ち上げ、検討を重ねた後、設置する運びとなりました。

導入後の感想

設置当初に比べて利用者数は格段に増加し、ほぼ収容定員いっぱいで運営している。また、終夜保育の要望もあり、平成21年4月からはそれも開始した。現在、男女共同参画の推進が本学の大きなテーマとなっており、それにとっても本学保育園の存在はなくてはならないものとなっている。

S病院様(学校法人医学大学)

導入の経緯

医師、看護師等女性職員の増加を背景とし、職員の仕事と家庭の両立支援をより効果的に、かつ実効的に取り組む必要があると考えたからです。

導入後の感想

子どもが病気になっても、急に休暇を取得することが少なくなり、通常勤務していただけるので、周りに負担をかけることが少なくなった。

K病院様(医療法人社団病院)

導入の経緯

女性が多い職場で、近年核家族が増える中、いかに安心して働いて頂けるかを考慮しての導入でした。

導入後の感想

復職を早めるスタッフが増え、保育園の評判もよく助かっています。

K病院様(医療法人病院グループ)

J病院様(市委託事業社会医療法人)

M病院様(社団法人医師会病院)

導入の経緯

以前から職員の福利厚生充実の観点から開設の要望がありましたが「7:1」看護体制により、特に看護師の人材確保の面から導入することにしました。

導入後の感想

運営の方針やノウハウがしっかりしており、開園時から予想以上の園児をお預かりしており、また職員からの評判も良好です。

K病院様(医療法人病院)

導入の経緯

働く職員の育児支援、また病院の課題でもある潜在医師・看護師の確保を目的とし、㈱テノ.サポート様の協力のもと、導入を検討致しました。

導入後の感想

導入から半年が経過し、こちらの予想を大きく上回る入所希望があり、大変驚いております。すでに入所しているお子さんの保護者(職員)からの評判も良く、育児と仕事の両立に大いに貢献できていると実感しております。

F病院様(社会福祉法人病院)

導入の経緯

育児と仕事の両立支援を目的に、職員の働きやすい環境を提供するために取り組みました。

導入後の感想

導入当初は、園児の数も少なく少し不安に思いましたが、徐々に数も増え信頼のおけるスタッフの皆様のおかげで今まで大きな事故もなく運営を行っております。

Y病院様(社会福祉法人病院)

導入の経緯

お子様を持つ職員が安心して働ける環境を整備することで、病院が安心して職員に現場を任せられることに繋がる、との認識で開園を決めました。

導入後の感想

職場内に園があることで、職員が緊急時だけでなく休憩時間等にも気軽にお子様の様子を確認できるなど、利用者からは安心して仕事に専念できると大変好評を頂いています。

S病院様(医療法人病院)

導入の経緯

地域の人々に安心、安全な医療を提供するために、優秀な人材の確保が必要不可欠と考えます。女性の勤務者が多くを占める中、出産や育児でやむを得ず退職したり、育児と仕事の板ばさみで精神的にも肉体的にも大変苦労している現状を踏まえ、人材の確保と更に仕事と育児の両立を図るために、自前の保育施設を設立しました。

導入後の感想

立派できれいな施設が完成し、関係者一同喜んでいます。
やさしく頼れるスタッフのもと、園児ものびのび、すくすく成長しております。親も安心して子どもたちを預けられ、仕事に打ち込め、仕事と育児の両立を行えています。

N大学様(国立大学法人)

導入の経緯

昭和46年、看護師の育児支援の目的で設置された院内保育所を、女性医師や看護師の要望を受け、夜間保育、病後児保育を行い、併せて保育所の設備充実を図り、職員が安心して就業・職場復帰できる環境を整えるため、平成21年12月21日付けで新たに「あじさい保育園」として開園しました。

導入後の感想

職場から近く安心して預けることが出来ると、評判です。
夜間保育を実施することで、女性医師や看護師の仕事と育児の両立を支援していきます。

I病院様(病院)

M病院様(医療法人病院)

K医療法人様(医療法人)

導入の経緯

「技術も覚え、経験もある程度積んで、これからのリーダーになったり専門性を深めようとする矢先に、結婚や出産で若い職員が辞めていくのは、本人にも病院にも非常に大きな損失で、残念なこと。
辞めずに安心して働き続けられる職場を提供したい」との当法人理事長の方針により、院内保育所を設置する。

導入後の感想

保育所の問題で退職する職員は、いなくなりました。
また、院内保育所があるということで、求人も増えました。
職場の近くに保育所があるので「安心して働ける」と職員は喜んでいます。

H病院様(医療法人病院)

導入の経緯

働きながら、安心して子育てが出来る職場環境の整備や、子育てにかかる経済的負担を軽減する目的で導入しました。

導入後の感想

職場の近くにあることと病児保育も同時に導入しましたので安心して勤務されてます。また、保育園の設置が育児休業からの復帰や入社の意思決定のポイントでもあるように感じています。

W社様(病院・福祉施設向けリネンサプライ事業)

導入の経緯

3つのテーマ

  • 自分が守られているという確かな「安らぎ」
  • 新しい世界を感じさせる無限の「広がり」
  • 親子の「ふれあい」を大事にしたい

企業内保育施設を新設するにあたり3つのテーマをもとに、平成22年に約5.000坪の工場敷地内で保育ゾーン約200坪を工場棟から離して独立させ、園庭も広くのびのびと活動でき多様で豊かな保育が出来る様、施設空間の機能を最大限に考え安全・安心な保育施設の建設を心掛けました。
また、敷地内には、風と太陽光のハイブリット照明を設置、冬には深夜電力を利用した床暖房を採用し、採光・換気・通風など健康に配慮した快適かつエコロジーな施設づくりをしました。当社にとりまして保育園は初めての取組でした。一般の保育園と同じ保育ができればといろいろ研究しました結果、専門であるテノ・サポート様にお願い致しました。

導入後の感想

開園当時は2名からの出発でしたが今では臨時保育を入れて、23名の子供さんを預っております。
入園したてのときは、それぞれ泣いたり自由に走り回っていましたが、2週間もすれば先生が号令をかけると何と集団生活ができるようになっていて、成長とたくましさを感じました。
保育園内の敷地では、親子との「ふれあい」を実感してもらうため、園内に菜園や花壇を作りみんなで水やりをしたり、観察したり、先生や親子でいも堀やミニトマトの収穫をしたりして、園内は歓声につつまれ楽しい時を過ごします。
毎日の出来事や行事予定・成長記録を一人一人連絡帳に書いてお母さん方に渡して頂いているので、お母さん方も、当社も、とても安心してテノ・サポート様に任せております。
また、よりよい保育園にするため、2ケ月おきにテノ・サポート様と定例会を開いて意見交換をし、質の高い保育をめざしております。

K病院様(財団法人病院)

導入の経緯

病院は看護師をはじめ多くの女性が活躍する職場です。
知識、経験、技術、チームワークを備えるまでに育った職員が結婚や出産を期に退職してしまうのは、病院経営において大きな人材損失です。職員からの 要望があったことはもちろんですが、良質な医療を提供するための人材確保策として、そして病院理念である「職員の幸せ」のための労働環境の整備のため、病院独自に保育所を設置するにいたりました。

導入後の感想

出産後も仕事を続けたい、キャリアを継続させたいと願う女性職員に加え、共働きで忙しい男性医師にとっても職場と身近な保育所は好評で、開設依頼着実に利用者数が増えてきました。
テノ.サポートさんには設置前のコンサルティングから現在の運営にいたるまで、保育所運営の信頼できるパートナーとして大変お世話になっています。

S病院様(医療法人社団病院)

導入の経緯

当院では、平成20年12月に子育て支援とはたらきやすい職場づくりをめざして、敷地内に院内保育所「たけのこ」を開設しました。 保育所運営についてのノウハウは何も無く、手探りの状態から立ち上げ準備を開始いたしましたが、テノ.サポートさんの存在を知り渡りに船の心境で相談いたしました。
テノ.サポートさんからは施設の設計、補助金申請、運営ルールの策定等全ての業務において提言助言をいただき、おかげさまで期待以上のすばらしい保育所を立ち上げることが出来ました。

導入後の感想

勤務時間に合わせた月極め保育や、一時預け、時間制保育も可能で、フルタイムで働く方、パートで働く方どちらにも利用しやすいシステムとなっています。

また、交替勤務職員のお子さまの夜間保育にも対応していますので、職員からは安心してはたらくことができると評価も上々です。設置後1年半が経過し定員25名に対しすでに18名の登録があり、保育所設置以降子育てを理由に退職する職員が減少し早期に定員超過となるのではないかと心配している状況です。

また、平成21年には、少子高齢化社会において子育て支援活動や男女ともに働きやすい環境づくりに取り組む企業・団体等を表彰する「ワーク・ライフ・バランス表彰」をいただきました。
保育所の設置を初めとした当院の取り組みを高く評価いただいた結果であり、今後ともはたらきやすい病院を目指した取り組みを進めていく所存です。

H社様(化粧品・健康食品の企画、製造、販売会社)

導入の経緯

まず従業員一人一人が笑顔でパワフルで居られるようにと、無料の社員食堂に、送迎バス、キッズルーム等の運営を行ってきました。この度、0歳児からの保育も受け入れられるようにと、キッズルームも拡大し、保育士さんをお迎えして運用開始いたしました。

導入後の感想

誰もが出産後すぐに仕事復帰できるようになり、子供の傍で授乳しながら仕事できる環境に、今まで以上に安心して働ける環境を頂いたと従業員から嬉しい声が上がっています。常に子供のいる環境は全従業員にとっても、笑顔の数が更に増えました。

K病院様(病院)

導入の経緯

職員が、結婚、出産を機に離職するケースや子育てを理由に復職できないでいるケースが散見されていたため、子育てと仕事の両立支援および離職防止を目的に院内保育所を設置した。

導入後の感想

病院に隣接しているため、何かあれば直ちにかけつけることもでき、また、当院小児科医および看護師による病児保育も 併設することでより安心してお子様を預けられる環境が整えられたと思います。

O病院様(病院)

導入の経緯

小さなお子様を持つ方の応募が最近増えている中、保育所の更なる充実が大きな入職の決め手の一つとなっています。これが直営から保育のスペシャリストへの委託を決めた理由です。

導入後の感想

行事計画などの保護者とのコミュニケーションが丁寧かつ充実しており、既存の職員も含めて、信頼感が高まっているのを実感しています。

K大学様(国立大学法人)

S大学様(学校法人)