放課後等の遊び場づくり事業

テノ.サポート

わいわい広場

メッセージ

当社では福岡市の学童保育の概要に賛同し、福岡市内の小学校において、
「放課後子ども教室推進事業」の運営業務を委託しています。

子どもの「遊び」は、体力向上はもちろん、コミュニケーションの力を育む、
ストレスを解消するなど、子どもの成長に欠かせない栄養素といえます。

一方で、近年は子ども達が集まって安全に遊べる場や機会は減りつつあり、
これが体力低下、キレやすい子や無気力な子などの増加につながっているとも言われています。

そこで福岡市では、放課後等の学校施設を利用して、安心して自由に遊びができる場や機会をつくる
「放課後子ども教室推進事業」(通称:わいわい広場)を推進しています。

事業の特長

  • ランドセルを学校に置いたまま、校庭等で自由に元気よく遊べます。
  • たくさんの友達と遊べます。
  • 大人の見守りのもと、安心して遊べます。
対象 実施校の1~6年生 ※事前に参加登録が必要です
実施日・時間 平日 週3回程度
授業終了後~午後5時まで(冬季は午後4時30分まで)
土・日・休日、長期休業日などにイベントを実施することもあります。
場所 運動場、体育館など
内容 自由遊び、集団遊び
ボールなど遊具の貸し出しもあります。
プレイワーカーが遊びを支援する日もあります。
費用 無料(万一のけが等に備える傷害保険の保険料は保護者負担です。)

詳しい情報は、「放課後子ども教室推進事業(通称:わいわい広場)」をご覧ください。